東京のおすすめ痩身エステサロンを詳しく紹介! » 毎日続けたい!本気で痩せるためのマッサージ法 » 背中痩せのマッサージ法

背中痩せのマッサージ法

背中痩せマッサージ&ストレッチで引き締まった背中に

自分ではじっくり見ることがなかなか難しい背中。気づいたら贅肉がたっぷり乗っただらしない背中になっていた…なんて悲しい声も。セルフマッサージがしづらい場所ではありますが、アイテムを使ったり、ストレッチをすることなどで気になる無駄肉を減らしていくことは可能です。ここでは毎日続けたい背中痩せのためのマッサージ&ストレッチ方法をいくつかご紹介しましょう。

【痛い?痩せる?高い?】
リアル痩身体験レポはこちら

背中痩せのカギは肩甲骨!自宅でできるセルフマッサージ法

薄手のシャツや半袖のワンピース、オフショルダーのトップスや水着、身体のラインが判るようなピタッとした服…。正面から見てどれだけ素敵に着こなせていたとしても、後ろ姿を見たときに贅肉があちこちに乗っていると、一気に老けた印象につながってしまいます。
すっきり引き締まった背中を目指すには、日頃から正しい姿勢を心がけたり、積極的にストレッチやマッサージで背中に無駄なお肉がつくことを防ぐ必要があります。

  1. 肩甲骨の下に、親指以外の4本指を添える。(届く範囲で)
  2. 4本の指と手のひらを使って、背中をほぐすように腰までマッサージ。(5回)
  3. 今度は、肩甲骨の下に親指をあてる。(届く範囲で)
  4. 親指の先で背中をほぐしながら、腰までスライド。(5回)

マッサージをする前に肩甲骨のストレッチを行うことで、代謝があがって血行が良くなり、老廃物を排出させる動きを促進させることができます。普段から積極的に肩甲骨を動かして、美しい後ろ姿に近づきましょう。

背中痩せに効くマッサージ方法(ボール編)

贅肉で段々になった背中なんて、特に薄着になる季節の前に何とかしたいものです。だけど、見えない背中のマッサージを自分でやるのはなかなか大変。そこで背中痩せに効くセルフマッサージ方法でおすすめなのが、バランスボールやテニスボールを利用した方法です。やり方は簡単で、背中にバランスボールやテニスボールを入れて仰向けになり、コロコロと転がすだけ。1日10分を目安にマッサージを続けることで、血行が良くなり新陳代謝がアップ。贅肉を解消していく効果とともに、肩こりの解消にも効果が期待できます。

背中痩せに効くストレッチ方法 その1

背中の余分な贅肉を刺激して、脂肪に退散願うためには、背中のストレッチ運動もおススメです。

  1. あぐら、または椅子に座った姿勢から、両腕を床と平行になるように上げ、両肘を胸の前で付け両掌が顔の前に来るように90度曲げていきます。この時、肩が上がりすぎないように注意してください。
  2. その姿勢をキープして、ゆっくりと息を吐きながら両肘を大きく開いていきます。腰が反りすぎないように注意し、肩甲骨と肩甲骨が中心によっていくのを感じましょう。
  3. 息を吸いながら1の態勢に戻ります。これを8回×1セットを目安に行っていきましょう。

このストレッチ方法は、背中の贅肉対策だけでなく、バストアップ効果も期待できるストレッチ法とされています。

背中痩せに効くストレッチ方法 その2

次にご紹介するストレッチ法は、背中を鍛えるだけではなく、腹筋やヒップアップにも効果が期待できる運動です。

  1. 床に仰向けになり、足を軽く開いた状態で膝を曲げます。手はまっすぐ体の横に付け、手のひらは下に向けます。
  2. ゆっくりと息を吐きながらお尻を天井に向けて持ち上げていきます。この時、床についているのは肩だけで、背中も床から離れるようにしましょう。
  3. 持ち上がった状態で息を吸い、またゆっくり吐きながら1の態勢に戻っていきます。これを5回×1セットで、行っていきましょう。

ストレッチを行うのは布団の上でもOKですし、負担も少ないので、運動が苦手な人も取り組みやすい方法でしょう。

そもそも…背中に贅肉がついてしまう原因は?

普段の生活の中で背中を気にすることはほぼないので、写真や鏡などである日自分の背中の贅肉に気づいてしまった時、本当に驚いて焦りますよね。「確か前はそんな感じじゃなかったのに…。」そう思う人も多いのではないでしょうか。気づきにくく、そして取ることが難しい背中の贅肉ですが、そもそもどうしてついてしまうのでしょうか。その原因として、次の3つのポイントが指摘されています。

  1. 姿勢が悪くなっている
  2. 運動不足や年齢による筋力の低下
  3. 肩甲骨など体のゆがみ

キレイな背中のラインを作り出しているのが、「広背筋」や「僧帽筋」と言った背中の筋肉です。ところが、猫背など姿勢が悪いとこれらの筋肉があまり使われなくなり、背中のラインを整える「広背筋」「僧帽筋」などが衰えてしまい、血流や代謝が低下し脂肪がつきやすくなるのです。
運動不足や年齢による筋力低下も、同様のことが言えるので、背中に贅肉がつく原因の一つに挙げられます。
また、肩甲骨など骨格にゆがみが生じると、その周辺で血行不良が起きやすくなり、脂肪がつきやすくなるのです。

背中の贅肉を解消する方法

ヨガ

背中の贅肉を解消するおススメのヨガ・ポーズが「猫のポーズ」です。
四つん這いの態勢で行うポーズで、息を吸いながらお尻を突き出しながら背中をそらせ、次に息を吐きながら体を丸めていきます。この動作を5~10回繰り返してください。
この猫のポーズは、背筋を鍛えるのに効果的なポーズなのですが、それだけではなく腹部のインナーマッスルを鍛えるのにも有効。スッキリした背中とポッコリお腹解消が期待できるそう。

筋トレ

背中をスッキリさせるには、広背筋や僧帽筋など、背中の筋肉を鍛えることも重要なポイント。適度な筋トレも、背中痩せに有効な方法とされています。
まず体をうつ伏せで横たえ、手は体に沿わせます。そこからゆっくりと息を吐きながら上半身を起こしていき、反りきったところで上体をキープしてゆっくりと息を吸います。そうしたら今度は息を吐きながら、上半身をうつ伏せに戻していきこれを3~5回繰り返します。
ちょっとハードですが、簡単なのでおススメの筋トレ法です。

リンパマッサージ

贅肉がついている背中は、血流やリンパの流れが滞り、老廃物が溜まりやすくなっています。そのため、リンパの流れを改善し代謝機能をアップさせる「セルフリンパマッサージ」も、贅肉の解消におススメの方法。
とはいえ、背中を自分の手でマッサージしていくことは非常に難しいので、上で紹介したようなテニスボールなどのアイテムを使ってケアしていく方法がありますが、より正しく的確なアプローチと短期間での実感を得るという意味でも、痩身エステでプロのリンパドレナージュ施術を受けるという手もアリ。


総力取材予約殺到の痩身エステサロン体験レポート 東京の痩身専門エステサロンで、痩身施術を受けてきました実際の結果からセキララな感想まで、本音でくわしくリポート!
総力取材予約殺到の痩身エステサロン体験レポート 東京の痩身専門エステサロンで、痩身施術を受けてきました実際の結果からセキララな感想まで、本音でくわしくリポート!